読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K&M WineLife Consulting

ソムリエ Kimiが、お手軽なワインにあわせるレシピを紹介するブログです。


キジのグリル、バルサミコ&はちみつ風味

f:id:ta_x_kimi:20160111210433j:image
知り合いの猟をする方からキジをいただきました。
普段ゲットすることのないキジ、大事に食べたいと思いついたのは至ってシンプル、
焼くだけで焼き鳥風にとにかくじんわり味わってみようというもの。
あらかじめワインとバルサミコ酢とはちみつを混ぜた浸け液で一晩浸けてから
そのままグリルでこんがりカリッと焼いてみました。
身は鶏と違いなんだか味があります。噛むほどに風味があるような・・・
部位ごとに味も違い手羽先は脂がのっていて味わいあり。胸肉は鶏同様ちょっとパサパサ感あるかな。
全体的にじんわりとした香りがあるような感じがします。
生きていた土地、環境か何かなのでしょうか?
小ぶりのキジですがとにかくじんわり味わいあるキジでした。

♪作り方♪ もも無し胸肉2枚、手羽先2本、ささみ2枚
バットに赤ワイン100cc、バルサミコ50cc、ハチミツ大さじ2、塩少々混ぜて浸け液を作ります。
キジを一晩浸け液に漬けておきます。
浸け液の汁を切ってグリルでこんがり、15分〜20分焼いて出来上がりです。


【PR】