読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K&M WineLife Consulting

ソムリエ Kimiが、お手軽なワインにあわせるレシピを紹介するブログです。


柚子風味すし飯のひつまぶし風

f:id:ta_x_kimi:20161210065214j:image

田舎から小さめの柚子がたくさん届きました。

はちみつレモンならぬ、はちみつ柚子を作って喉が痛い時に飲むとおいしいです。

他に使い方はないかな、と思いついたのが、

お酢の代わりに柚子を使ったすし飯。

ちょうどお土産にいただいたうなぎの蒲焼きがあったので、

ひつまぶしをつくってみました。

柚子を使ったすし飯は香りよく、上品な感じ 。

アスパラと錦糸卵で彩きれいなひつまぶしになりました。

 

♪作り方♪ 2人分

柚子を絞ります。茶漉しを使って種が入らないようにします。

小さければ3個、大きければ1個。好みで調節してください。

炊きたてのご飯お茶碗2杯分に、絞った柚子、砂糖大さじ1を入れて熱いうちに混ぜます。

うなぎの蒲焼き1尾分は細く切ります。

卵1個はよく溶いて、オイルをしいて火にかけたフライパンに流して薄く焼き、

細く切って錦糸卵を作ります。

アスパラは根元を落とし、中央から根元の皮をピーラーでむいてから2分間茹でて冷まし、

2cmくらいに切っておきます。

すし飯を器に盛り付け、うなぎ、アスパラ、錦糸卵を盛り付けます。

蒲焼きのタレをかけ、ネギを散らして出来上がり、

白ゴマをふりかけていただきます。

 

 

 

【PR】