読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K&M WineLife Consulting

ソムリエ Kimiが、お手軽なワインにあわせるレシピを紹介するブログです。


抹茶味、プレーンの生八ツ橋の彩り手巻き寿司

f:id:ta_x_kimi:20151021062449j:image

たまには食べたいなあ、とお土産に餡なしの生八ツ橋を買ってきてもらいました。
はじめは、アボカドを包んで黒蜜かけてみよう!と思っていましたが、巻き寿司にしてもいいかも!!
そんな感じで作ってみました!
f:id:ta_x_kimi:20151021062841j:image
漬けマグロ、カニカマ、蒸し鷄、パクチー、きざみ海苔などを
寿司飯と一緒に八ツ橋で包んみることに!彩りがいいです!
f:id:ta_x_kimi:20151021063118j:image
生八ツ橋のニッキの香りと、寿司飯、具が絶妙な感じ!おいしいです。
彩りよくきれい!なんだか楽しくなるような、パーティ手巻き寿司な感じ!
こんなのもありでしょ?キョート・ズシ!?なんて感じでしょうか!?
 
♪作り方♪
寿司飯を作ります。
水につけておいたお米2合を380ccの水で炊きます。
炊き上がったら温かいうちにすし酢大さじ4を加えて混ぜておきます。
柵のマグロは、醤油大さじ5、みりん大さじ5の漬け液で一晩漬け、薄く切ってゴマを振ります。
鶏胸肉1枚は皮を外し、お酒をふりかけて蒸して、ほぐしておきます。
アボカド1個は皮をむいて種を取り除き、薄切りにします。
カニカマひとパックはビニールの包みを外し適当にほぐしておきます。
お皿に、マグロ、蒸し鷄、カニカマ、アボカド、パクチー少々を並べ、
生八ツ橋を盛り付けて出来上がりです。
寿司飯を添えて、生八ツ橋で手巻き寿司を作り、好みで醤油をつけていただきます。
 
 

SUSHI+の料理レシピ
SUSHI+の料理レシピ  広がる!SUSHI+

【PR】