K&M WineLife Consulting

ソムリエ Kimiが、お手軽なワインにあわせるレシピを紹介するブログです。


アスパラとサーモンのミルフィーユ押し寿司

f:id:ta_x_kimi:20180919074648j:image

最近野菜のお寿司が流行っているよう?

アスパラで作ってみたい!

ちょうどサーモンがあったのでこれも入れたら

色合い的にも味にもいいかも!

アスパラとサーモンを2層にはさむようにして

ミルフィーユ状に挟んで押し寿司を作ってみました。

さわやかでさっぱりやさしい味のお寿司、

サーモンもしっかり味がついているのでなんだか満足!

サーモンにさわやかなアスパラがよく合って

おいしい押し寿司になりました。

 

♪材料♪    12cm×12cmの型

すし飯     200g

アスパラ(細め)    1束

サーモン     1柵

燻液      小さじ1/2

塩   適量

 

♪作り方♪

サーモンは燻液、塩少々をふりかけて一晩置き、薄く切っておきます。

アスパラは根元2cmくらい切り落として

沸騰したお湯で3府くらい、やわらかく茹で、

縦に2等分にして半分に切って塩をふりかけておきます。

型にラップをしき、アスパラ、サーモンすし飯と詰めていきます。

2回繰り返して詰めたら、ラップで包んでしっかり押します。

ひっくり返してお皿に盛りつけて出来上がりです。

 

サーモンとアボカドのピーナツバター&からし和え

f:id:ta_x_kimi:20180918074047j:image

アボカドは使うタイミングが難しいですね。

色が黒ずんでしまうのが気になって、

なるべく十分皮の色が濃くなっているものを買ってきて

すぐ使うように心がけています。

ちょっと大きめのアボカドが手に入ったので、

すぐ使いたい!ちょうど買ってあったサーモンとサラダにすることに。

ありがちな組み合わせなので、味付けに一工夫、

ピーナツバターを使うことに。

かくし味で和からしも使ってピリッと味に締まりをつけて。

サーモンとアボカドのクリーミーな味にピーナツバターでさらに深いコク、

はちみつも使ってほの甘い中に和辛子でピリッと味に締まりあり、

やさしいながら味わいのあるサラダになりました。

ちょっとしたおつまみにいいです。

 

♪材料♪   3人分

サーモン       1柵(200gくらい)

アボカド      1個

オリーブオイル    大さじ1

ピーナツバター     小さじ2

はちみつ     大さじ1

からし      小さじ2

ビネガー    大さじ1/2

顆粒の昆布だし   小さじ1

塩        ひとつまみ

 

♪作り方♪

サーモンは薄切りにしておきます。

ボウルにオリーブオイル、ピーナツバター、はちみつ、ビネガー、

昆布だし、和からし、塩を入れてよく混ぜ、サーモンを入れてさっと和えます。

アボカドをサイコロ状に切ってお皿に広げるように盛りつけ、

その上にサーモンをのせて出来上がりです。

(すぐに食べないときはあらかじめアボカドにレモン汁をふりかけてから使います。)

 

 

豚肉と黄桃のしょうが煮込み、プルーン添え

f:id:ta_x_kimi:20180917083934j:image

豚肉とフルーツって合う気がします。

缶詰のものやドライフルーツなどは常時あるので

そのどれかを使うことに。 

今回は、黄桃の缶詰。

豚肉、黄桃をシンプルに黄桃の漬け汁とおろししょうがで煮込んでみました。

そのしょうがもチューブ入りのおろし生しょうが。

おろしてあるので時短です。

それから、他に入れたのは塩と水だけ。

じっくりやわらかく煮込んでみると、豚肉はじんわり味わいあり、

やさしい味で、黄桃とよく合います。

色のアクセントにワインでさっと煮込んだプルーンを添えて。

やさしい味の煮込みになりました。

 

♪材料♪    3人分

豚ロース肉 (かたまり)   400g

塩、コショウ    それぞれ適量

缶詰の黄桃   2つ割4個

黄桃缶の漬け汁   100cc

おろし生しょうが     大さじ1

塩    小さじ1半

水    適量

ドライプルーン    6粒

赤ワイン     大さじ6

 

♪作り方♪

豚ロース肉は、塩、コショウをふっておきます。

フライパンにオイルを適量しいて火にかけ、豚ロース肉の表面を焼いて、

取り出しておきます。

2つ割りの黄桃は半分に切っておきます。

煮込み用の鍋に表面を焼いたロース肉、黄桃、黄桃の漬け汁、

おろし生しょうが、塩を入れて20分〜30くらい煮込みます。

(水分が少なくならないよう適度に気をつけて、少なければ水を加えて)

煮込んだら、1度肉を取り出し、食べやすく切っておきます。

鍋に肉を戻し、煮汁を適度に煮詰めます。

シリコンスチーマーにドライプルーン、ワインを入れ、

ラップをかけて600Wのレンジで1分半加熱しておきます。

お皿に豚肉、黄桃、プルーンを盛り付けて出来上がりです。

 

 

鶏手羽元のガーリックレモンのマヨ焼き

f:id:ta_x_kimi:20180916064725j:image

ガーリックって何だかスパイシーに香る感じがしていいですね。

うちではお料理には必需品。

以前はニンニクを大きなネット入りのものを

買っていましたが、やはり多すぎて1/3はスカスカダメにして・・・。

かといって3個入りのものを使うと頻繁になくなって効率悪い!?

というわけでいきついたのは、チューブのおろしニンニク。

マリネやサラダでも、おろす手間なくカンタンに使えていい!

今回は、鶏手羽元にこのおろしニンニク、レモン汁とマヨネーズを

混ぜて和えて一晩漬け込んでグリルしてみました。

こんがり焼いて肉はジューシー、レモンの爽やかさがいい感じで

香ばしいグリルになりました。

 

♪材料♪   3人分

手羽元       9本

おろしニンニク    大さじ1

マヨネーズ   大さじ3

レモン汁   大さじ2

塩    小さじ2

コショウ    小さじ1

 

♪作り方♪

手羽元は細い骨の部分の皮の部分に切り込みを入れ、

骨から肉をはがすようにまくり上げてチューリップ状に

してから、塩、コショウをふりかけておきます。

小さなボウルにレモン汁、おろしニンニク、マヨネーズを混ぜて

浸け液を作ります。

ポリ袋に鶏手羽元、浸け液を入れて空気が入らないように密閉して

冷蔵庫で一晩寝かせます。

取り出してグリルで15分〜20分くらい、こんがり焼いて出来上がりです。

 

ピーナツかぼちゃのスパイシー肉詰め

f:id:ta_x_kimi:20180914073848j:image

ピーナツかぼちゃ、少し前に食べてみて

普通のかぼちゃよりは、甘さは控えめ、水分を多めに含むので

肉に合いそう!と、今回はお試しで

スパイスをたっぷり使った肉を詰めて焼いてみました。

思った通り、ちょっとスパイスの効いた肉とかぼちゃはよく合っていい感じ、

肉汁のしみたやわらかいかぼちゃがいいです。

おいしい肉詰めかぼちゃになりました。

 

♪材料♪  4人分

ピーナツかぼちゃ   1個

合い挽肉   150g

玉ねぎ      1/8個

ナツメグ      小さじ1/2

カルダモン     小さじ1/2

シナモン    小さじ1/2

ブラックペッパー  小さじ1/2

おろし生姜、小さじ1/2

おろしニンニク   小さじ1/2

塩     ひとつまみ

 

♪作り方♪

ピーナツかぼちゃは縦に半分に切って、600Wのレンジで5分加熱し、

タネの部分を取り除いて真ん中を少し身を取り出しておきます。

肉だねをつくります。

玉ねぎはみじん切りにし、レンジに600Wで1分半加熱して

冷ましておきます。

合挽き肉に、ナツメグ、カルダモン、シナモン、ブラックペッパー、

おろし生姜、おろしニンニク、塩を入れてよく練り、

半分に分けてかぼちゃに詰めます。

肉を詰めたかぼちゃをグリルに入れ、20分くらい、

こんがり焼いて出来上がりです。

 

 

 

 

 

【PR】