読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K&M WineLife Consulting

ソムリエ Kimiが、お手軽なワインにあわせるレシピを紹介するブログです。


グリーンピースとムール貝のパエリア

f:id:ta_x_kimi:20170527075846j:image

田舎からグリーンピースが届きました。

採りたてのグリーンピースなんてなかなか手に入らないので嬉しいな。

さっそく何作ろうかな?豆ご飯もいいけど何だかふつう。

ちょうど冷凍のムール貝、ピーマンの買い置きがあったので、

これはパエリア!久しぶりにパエリア鍋を引っ張り出して作ることに。

焼きたてのパエリア、ムール貝、豆でとってもおいしい!

おこげがちょうどよくうま〜でした。

 

♪作り方♪ 3〜4人分

ピーマン6個は軸と種を取り除いて縦長に切っておきます。

パエリア鍋にオリーブオイル大さじ2をしき、ニンニク3カケを入れて火にかけます。

ニンニクがこんがり焼けてきたら、ピーマンを入れて炒めます。

ピーマンが炒まったら、お米2合、グリーンピース1/2カップ(好みで加減して)、

水400cc、を入れ、ムール貝12個を並べ、塩小さじ1、あればサフラン4、5本(粉なら適量)

入れてアルミホイルなどで蓋をし、始めは強火、グツグツしたら弱火で15〜20分くらい炊きます。

水分がなくなって炊けたら、アルミホイルを外し、

強火にして、焦げた香りが立ったら出来上がりです。

好みでコショウをふりかけていただきます。

パエリア鍋がなければフライパンでもOKです。

 

 

トマトたっぷり、ズッキーニとトマトのボード、ラタトイユ風

f:id:ta_x_kimi:20170526081653j:image

モチモチピザ生地みたいな、デルソーレの「手のばしナン」気に入っています。

これは何でものせて焼いたみたい!

今回はラタトイユをイメージ、あらかじめトマトをぎゅっと煮詰めた

トマトソースを敷いてから、ズッキーニとトマトをのせて焼いてみました。

トマトがとってもおいしい、トマト好きのグリルボードです。

仕上げにかけるおいしいエキストラバージンオリーブオイルもポイントです!

 

♪作り方♪ 2人分

トマトソースを作ります。

玉ねぎが1個は細かく切っておきます。

フライパンにオリーブオイル大さじ1、玉ねぎを入れて炒めます。

弱火で15分くらい褐色になるくらいじっくり炒めます。

茶色くなってきたらトマト缶250〜300gを入れ、時々混ぜながら煮込みます。

15分くらい、よく煮込んで煮詰め、とろりとしたソースにします。

濃さは好みで調節、塩、胡椒で味を整えてソースを仕上げます。

ズッキーニ2本は輪切りにしてラップをかけて3分レンジで加熱しておきます。

トマト2個はズッキーニの厚さ、大きさに合わせて薄切りにしておきます。

「手のばしナン」2枚にオリーブオイル大さじ1をハケで塗ります。

その上にトマトソースを塗り、その上にズッキーニ、トマトを交互に並べます。

上から塩をひとつまみづつふりかけ、オーブンのグリル機能で、

20分焼いて出来上がりです。

焼きあがったら香り良いエキストラバージンオリーブオイルを大さじ1づつ、

まわしかけていただきます。

 

ナンのカフェ風アレンジ料理レシピ
ナンのカフェ風アレンジ料理レシピ

 

ナンでつくるピサラディエール

f:id:ta_x_kimi:20170525065205j:image

少し前からスーパーなどで、焼くだけのピザをよく見かけます。

どこのお店でもかわりと広いスペースに色々な種類が置いてあって・・・。

こんなにピザを食べる人がいるのかなぁ?

薄くて具がちょこっとのせてあるだけ。

美味しいのかな?

わざわざ買って食べよう!なんて思えないのが本音。

そんなところでいいなと思ったのがこれ!

「手伸ばしナン」

生地は厚くてふわふわ。

好きな具をたくさんのせても負けないくらいのしっかりとした生地。

好きな具をのせて焼いてみよう!

今回は南仏のピザ?ピサラディエールをイメージ、

玉ねぎを敷いてサーディン、ブラックオリーブを並べ、レモンを添えて焼いてみました。

生地はもっちり、レモンでさわやか、サーディンとオリーブがちょうどよく合って

とっても美味しいです。

生地の厚さがちょうどよく、かなり満足!

気に入りました。

 

♪作り方♪ ナン2枚分(二人分)

新玉ねぎ1個は薄切りにして流水で5分程度さらして水を切っておきます。

「手のばしナン」を取り出し、表面にオリーブオイルを大さじ1をハケで塗ります。

その上にスライスした玉ねぎを広げるようにのせ、

オイルサーディン缶1個分、サーディンは縦半分に分けて並べます。

ブラックオリーブ8個は輪切りにして並べます。

上からレモンを適量(1枚に対して好みで4〜6滴くらいかな)ふりかけ、

さらに塩をひとつまみづつふりかけ、オーブンのグリル機能で15〜20分、

こんがり焼き色がつくまで焼いて出来上がりです。

 

ナンのカフェ風アレンジ料理レシピ
ナンのカフェ風アレンジ料理レシピ

ラム肉のピーマン詰の野菜のグリル

f:id:ta_x_kimi:20170524070124j:image

焼肉用の生ラム肉(味付きでないもの)を買ってきました。

焼肉じゃなくて、野菜と一緒にグリルでもしたいな、

というわけで、一工夫!ピーマンに詰めてグリルすることに。

ちょうどピーマンのベジタブル的な香りにラムが合う!

ラム肉には潰したコリアンダーとカルダモンをあらかじめまぶしてから。

ジャガイモ、玉ねぎとプチトマトをのせてグリルしてみました。

こんがり焼いてからエルブ・ド・プロバンスをかけて。

ピーマン詰にしたラム肉はジューシーで香り良く、ジャガイモほっくり。

こんがり焼けた野菜もとてもおいしいです。

 

♪作り方♪  3人分

生ラム300gはバットに取り出しておきます。

ホールのコリアンダー8粒は包丁の刃を横にして押して潰し、細かく刻みます。

カルダモン1粒は包丁で端を切って皮をむいて中の種を出し包丁で刻みます。

生ラムにコリアンダー、カルダモン、塩ひとつまみ、コショウ3振りくらいを入れて

よく揉み込むように混ぜてから6等分にしておきます。

ピーマン6個は中に詰められるようにヘタの部分を切り落としてから、

種をとりのぞいてきれいにし、ラム肉をギュッと詰めておきます。

ジャガイモ2個は食べやすい大きさに切ります。

玉ねぎ1/2個は薄切りにします。

プチトマトは10個くらい用意します。

ニンニク1カケは薄切りにします。

オーブンに入れられるようなちょっと深めのフライパンに、

オリーブオイル大さじ1、ニンニクを入れ、さらにジャガイモ、

玉ねぎを並べ、ラムを詰めたピーマンを入れます。

プチトマトを散らして上からオリーブオイル大さじ1をまわしかけて火にかけ、

そのまま中火で10分くらい火にかけて焼きます。

フライパンがグツグツ音がしてきたら、オーブンに移し、グリル機能で20〜30分くらい、こんがり焼いて出来上がりです。

焼きあがったら、塩をひとつまみふりかけ、

エルブ・ド・プロバンスを4、5回ふりかけていただきます。

 

エスニック料理レシピ
エスニック料理レシピ  スパイスレシピ検索

イノシシ肉とたけのこ、ホワイトアスパラのコーングリッツグリル、ポルチーニソースかけ

f:id:ta_x_kimi:20170523074026j:image

カツ用のイノシシ肉をいただきました。

イノシシと言われてもあまりわからない感じ。豚肉みたい!?

少々赤みが濃い感じかな、カツ用ということなのでカツに。

でもちょっと一工夫でパン粉でなく、コーングリッツをまぶして

油であげるのでなく、グリルしてみました。

添え野菜のタケノコとホワイトアスパラも一緒に。

ソースはポルチーニ入りのクリームソース。

コーングリッツをまぶしてグリルしたイノシシ肉はザクッとした感じで香ばしく、

ポルチーニのクリームソースがまたおいしい!

添え野菜のアスパラもタケノコも柔らかく茹でてから焼いているので

柔らかいながら香ばしくていい感じ、ソースでうまっ!です。

豚肉でもお試しください!という感じです。

 

♪作り方♪ 3人分

カツ用のイノシシ肉3枚は、軽く塩、コショウをかけてからハケでオイルを塗って

コーングリッツをまぶしておきます。

ホワイトアスパラはピーラーで中央から根元の皮をむいてやわらかく茹でて、

半分の長さに切ります。

水煮のタケノコはアスパラに合わせるようになるべく細く切っておきます。

ホワイトアスパラとタケノコもオイルを塗ってコーングリッツをまぶします。

イノシシ肉、ホワイトアスパラ、タケノコはグリルで8〜10分こんがり焼きます。

ソースを作ります。

フライパンにバター大さじ1/2を入れて火にかけて溶かし、

ポルチーニのパウダー小さじ1/2、生クリーム80ccを入れ、

塩で味を整えて、ひと煮立ちしたら火を止めてます。

お皿に肉、ホワイトアスパラ、タケノコを盛り付け、ソースをかけて出来上がりです。

ハーブや、緑の野菜などがあれば添えていただきます。

【PR】