K&M WineLife Consulting

ソムリエ Kimiが、お手軽なワインにあわせるレシピを紹介するブログです。


鹿肉とナスとじゃがいものピュレ

f:id:ta_x_kimi:20190821083244j:image

主人の知り合いに凌駕できる方がいて駆除した時に、

時々いただくことがあるのですが、

今回は、鹿のヒレ肉をいただきました。

鹿、といってもきれいな赤身の肉、豚より少し長めでちょっと濃い赤身。

きれいなのでおいしそう!な感じ。

こんなきれいな赤身ならサッと火を通す感じで柔らかく

焼けば言うことないでしょ。

というわけで、粉をはたいてサッと焼いてみました。

ソースにはブルーチーズを溶かしてコショウをかけて。

微妙な焼き加減でとても柔らかく、ソースもとてもよく合う!

添えたじゃがいもとナスのピュレとも相性ばっちり!

仕上げにシナモンを一振りで香りよく。

鹿ながら全然感じさせないおいしい一品になりました。

 

♪材料♪    3〜4人分

鹿ヒレ肉(なければ豚ヒレで)      400g

薄力粉        適量

オリーブオイル     大さじ2

じゃがいも     2個

なす        2本

塩      適量

コショウ     適量

ブルーチーズ       50g

シナモン       少々

 

♪作り方♪

鹿ヒレ肉は軽く塩、コショウ(分量外)をふりかけ、

食べやすい厚さのそぎ切りにして薄力粉をまぶしておきます。

じゃがいもは洗って濡れたまま1個あたり600Wのレンジで1〜1分半

加熱して熱いうちにマッシャーでつぶしておきます。

なすは皮をむいてシリコンのスチーマーに入れて600Wのレンジで

2分半から〜3分加熱してマッシャーでつぶし、じゃがいもと混ぜ、

塩、コショウ(分量外)を入れて味を整えておきます。

フライパンにオリーブオイルをしいて鹿肉を焼いていきます。

強火で焼いて、音が少し落ち着いたなと思ったらひっくり返し、

1分くらい焼き、取り出して余熱で火を入れます。

フライパンにブルーチーズを入れて溶かし、コショウをふりかけて

ソースを作ります。

そこに鹿ヒレ肉を戻しソースをよくなじませて出来上がりです。

お皿に鹿肉を盛り付け、じゃがいもとナスのピュレを添えて

シナモンを軽くふりかけていただきます。

 

 

カンタン!自家製ポークのムース

f:id:ta_x_kimi:20190820072929j:image

よく、豚の細切れ肉、切り落とし肉など、きれっぱし肉が安いと思います。

なんとなく何かに使えるだろうと思って購入してしまうのですが、

先日は、流石にたまり過ぎて困っちゃった!!

そんな時に思いついたのが、これでパテができないかな、

レバーのムースなんてよくあるけど、そんな感じのムース。

レバーをイメージしながら作ってみました。

ハムなどにするときは、燻製にしたりしますね、

じゃあまず、薫液入れて。ウイスキーも樽香あるからいいかもね、

なんて感じで筋を取った肉に揉み込んで加熱、

ブレンダーでペースト状にしてみました。

ペロリと食べてみると、おいしい!!市販品みたい!

というわけで自家製ポークのムースの完成です!

早速バゲットに添えて!

 

♪材料♪     直径18cmのココット

豚肉切り落とし肉         300gくらい(お好みで加減)

薫液             大さじ1

ウイスキー    大さじ1

焦がしにんにく  小さじ2

塩             小さじ

ブラックペッパー        適量

ピンクペッパー          適量

 

♪作り方♪

豚切り落とし肉は余計な脂や、筋を丁寧に取り除いておきます。

肉をまな板にのせて、包丁で細かく叩きます。(格好大雑把でいいです)

ボウルに肉、薫液、ウイスキー、塩を入れてよくてでも見込み、

ラップをして600Wで3〜4分加熱します。

冷ましてから焦がしにんにくを入れ、ブレンダーでピュレ状にします。

なければフードプロセッサーで。

取り出し味を整えて出来上がりです。

バゲットを添えていただきます。

 

焦がしにんにく料理レシピ
焦がしにんにく料理レシピ  スパイスレシピ検索

蒸し鶏とナムプラーペースト入り野菜の卵炒め

f:id:ta_x_kimi:20190819071655j:image

最近、蒸し鶏が気に入ってよく作ります。

作り置きしておけば、ハムやベーコンのように

サラダにちょちょっと使えたりするので重宝します。

よくスーパーで鶏胸肉の安売りがあったりするので

ちゃんとチェックして買いに行きます。

今回はその鶏胸肉を蒸し鶏にしてからほぐして使ってみました。

一緒に使う野菜は玉ねぎ、パプリカ、グリーンピース

あらかじめレンチンしてから。ナムプラーのペーストを使って

ちょっぴりスペインオムレツをイメージして卵でとじてみました。

卵が少なくて炒め物風になりましたが・・・!

でもナムプラーのペーストの味はよく合っていいです!

ほぐした蒸し鶏とナムプラー、黒胡椒ペーストはよくあって卵でまたマイルドに。

おいしい炒め物?和え物になりました。

 

♪材料♪     3人分

鶏胸肉       1枚

玉ねぎ       1個

パプリカ       1個

グリーンピース     少々

卵           2個

オリーブオイル     大さじ2

ナムプラーペースト      大さじ1

黒胡椒のペースト     小さじ1

塩      適量

 

♪作り方♪

鶏胸肉は皮を取り除いて生姜の皮少々とネギの端っこ(あれば)と

一緒に沸騰させたたっぷりのお湯に浸けて30分以上おきます。

その時、お湯の温度は60度を保ってください。

蒸し鶏が出来上がったら肉を手でほぐしておきます。

玉ねぎは細切り、パプリカは軸とタネを取り除いて細く切ります。

卵はほぐしておきます。

鍋にオリーブオイルをしいて玉ねぎ、パプリカ、

グリーンピースを入れて炒めます。

ほぐした蒸し鶏、ナムプラーペースト、コショウのペーストを入れて炒め、

そこに卵を流し入れ、サッとなじませ、塩で味を整えて出来上がりです。

 

 

一口サイズ、ヘルシーしいたけピザ

f:id:ta_x_kimi:20190818065940j:image

最近、しいたけや、大きめのマッシュルームなどのキノコに

トマトやベーコン、チーズなどをのせて

ピザ風に焼くのが流行っているのかな??

おもしろそう!!おいしいかな?かな〜り興味深々!

というわけでさっそくカサの大きめのしいたけを購入、

焦がしにんにくやオリーブオイルを塗って、ブラックオリーブ

プチトマト、チーズをのせてこんがり焼いてみました。

焼きたてにバジルペーストとトマトケチャップを塗って、

お手軽しいたけピザの出来上がりです。

もちろん、肉厚のしいたけ、トマトやブラックオリーブで食べごたえあり、

満足のヘルシー・ピザになりました。

しいたけを使っているのでじんわりおいしいです。

 

♪材料♪     3人分

カサの大きめのしいたけ      9個

ブラックオリーブ      9個

プチトマト    5個

ベーコン     適量

ピザ用チーズ      適量

焦がしにんにく      大さじ1

オリーブオイル大さじ1

バジルペースト      適量

トマトケチャップ      適量

 

♪作り方♪

しいたけは軸を取り除いておきます。

ブラックオリーブは輪切りにしておきます。

プチトマトは8つ切りにします。

ベーコンは細かく切っておきます。

焦がしにんにくとオリーブオイルをよく混ぜて(混ざりにくいですが)

しいたけに塗ります。

ベーコン、プチトマト、ブラックオリーブをしいたけにのせて

その上からピザ用チーズを散らすようにのせます。

魚焼き用のグリルで10分くらい、こんがり焼きます。

焼けたら取り出して、バジルペースト、ケチャップを

お好みで適量のせて出来上がりです。

焦がしにんにく料理レシピ
焦がしにんにく料理レシピ  スパイスレシピ検索

鰻ざく風、食べやすくて、懐にもやさしい、うなぎ風酢の物

f:id:ta_x_kimi:20190817064556j:image

最近、うなぎはお値段超高!!

スーパーには土用の丑の日が近づくとうなぎの広い売り場ができますよね。

土用の丑の日にうなぎは食べなくちゃ?なのかな?

年々、高額になりつつあるし、中国産は固くておいしくないし。

あまり、いえ、全然こだわらない我が家では、

うなぎっぽく見える?「うな次郎」を買ってきました。安い!!

うな次郎ってうなぎじゃなくて、魚のすり身で作ったご飯に合う、

うなぎの蒲焼風練り物らしい。

こっちの方が柔らかくておいしそう!?

子供なんておいしければ文句も何もないので、

一口食べてOK!でした。私ももちろんOK!

ふわふわしていておいしい!

これなら惜しげなく、う巻きが作れるな、と言う印象です。(失敗しても大丈夫)

ところで、うな重食べたい?と、家族に聞いたところ、

誰もいません。時代は変わったのでしょうか??

子供は「絶滅危機の品種でしょ!食べちゃダメだよ!」

との答え。

じゃ、まあ、うち流のうなぎの酢の物でも、

ブラックオリーブや、とろろ芋、きゅうりやドライトマトを使って

酢の物を作ってみました。

ブラックオリーブが独特な感じ、まったり感がまたいい感じ、

醤油だしで、きゅうりやとろろ芋はまろやか、ドライトマトにも

よくあってトマトの酸味さえ感じます。

そこにふんわりうな次郎がおいしい!

でも、かくし味の柚子胡椒でピリッとどこか締まった感じで

おいしいです。(黒く見えるのはブラックオリーブです)

 

♪材料♪    3人分

うな次郎      1パック

きゅうり       1本

長芋        100g

黒オリーブ     5個

ドライトマト      1枚

醤油だし     大さじ1

お酢       大さじ2

 

♪作り方♪

うな次郎半は2cm角に切っておきます。

きゅうりは短い細切り、長芋は皮をむいて1cmくらいの細長切り、

ブラックオリーブは輪切り。

ドライトマトはキッチンバサミで細かく切っておきます。

ボウルにうな次郎、長芋、きゅうり、ドライトマトを入れて

醤油だし、お酢を入れてサッと和えます。

ドライトマトなどがよく馴染み、全体的にとろりとしたら出来上がりです。

 

だししょうゆ活用レシピ
だししょうゆ活用レシピ

【PR】