K&M WineLife Consulting

ソムリエ Kimiが、お手軽なワインにあわせるレシピを紹介するブログです。


豚バラ軟骨とジャガイモのみかん煮込

f:id:ta_x_kimi:20170628073326j:image

いつも気になっていた「豚バラ軟骨」、

これはどうやって食べるのかなー?

もちろん煮込み?

それにしても、肉より軟骨いっぱい!

柔らかくなるのかな?

軟骨だからコリコリしていい感じ?

たくさんの疑問を持ちながら買ってきました。

ちょっと暑い時期なので長時間煮込みは遠慮して、

圧力鍋を使うことに。

田舎から届いたコロコロのかわいいジャガイモと、

冷蔵庫の野菜室から発見されたひからび気味の

みかんと一緒に煮込みにしてみました。

煮込んでみるとバラ軟骨はホロリと柔らかく、

肉はとろ〜り、ほろほろです。

余計な脂を取り除くとこってり感はなく、ヘルシーな感じ。

コラーゲンとカルシウムがたっぷり!?

ジャガイモはほっくりで、やさしい味の煮込みになりました。

 

♪作り方♪ 3人分

コロコロした小さいジャガイモ5、6個は表面をきれいに洗っておきます。

バラ軟骨は350g(好みで加減)を用意。

圧力鍋にジャガイモ、豚バラ軟骨、キューブのコンソメ1個を入れ、

浸るくらいの水を入れて、柑橘の果物(みかんやオレンジなどなんでも)1個

をそのまま入れて蓋をして加圧、圧力がかかってから20分加圧します。

鍋で煮込む場合は1時間半しっかり煮込んでください。(軟骨を柔らかくするため)

煮込んだら塩で味を整えて出来上がりです。

余計な脂を取り除いていただきます。

 

 

 

 

わさび入りチーズのディップ

f:id:ta_x_kimi:20170627072844j:image

最近、ちょっと気に入っているのが、ハウスの瓶詰のわさび、

「贅沢にのせる、あらぎりわさび」です。

よくあるチューブのワサビと違って、

わさびの皮?グリーン色のかけらが混ざっていてシャキッとした

食感あり、わさびの香りもあっておいしい。

もちろんお刺身などに添えていただくのですが、

このわさび、香りがいいので、チーズと混ぜてディップ風の

ものができないかな?と、思って作ってみたもの。

作り方はいたって簡単!

クリームチーズと混ぜて、ちょっぴり軽くするために

ヨーグルトを加えて混ぜたものです。

わさびのピリッと感もあってクリーミー。

生ハムと一緒にレタスで包んでみました。

パンにつけても美味しいですね。

 

♪作り方♪ 直径8cmのココット型1個分

クリームチーズ60gに「粗切りわさび」20gをよく混ぜます。

なめらかになったら、ヨーグルト大さじ1を

伸ばすように混ぜて出来上がりです。

●アレンジ●

マッシュポテトを用意、ディップとマッシュポテト大さじ1づつを、

生ハムで巻いて、レタスのせていただきます。

 

うずら卵のアヒージョ

f:id:ta_x_kimi:20170626072533j:image

以前、エスカルゴ用の器を買ったの思い出し、

取り出してみると、面白い形。

ピンポン玉はちょっと無理!うずら卵が余裕で入るくらいのへこみが6つ。

ちょうどいい!、と思いついたのがこの器でうずら卵のアヒージョ!

へこみに簡単に使える瓶詰のすりおろしにんにくの「特選本香り生にんにく」、

オリーブオイルを入れ、

そこに茹でたうずら卵を入れてグリルしてみました。

こんがり焼くと、卵の表面カリッ、ガーリック香っていい感じ。

一緒にちょっぴり入れたアンチョビも効いていておいしいです。

うずら卵のゆで卵さえあれば焼くだけ簡単!

失敗なしの見た目もかわいいアヒージョです。

 

♪作り方♪ 2人分

うずら卵6個は茹でて殻をむきます。

エスカルゴの器(6個のへこみのあるもの使用)のへこみに

瓶詰の「特選本香り生にんにく」を小さじ1/2づつ入れ、

そこにうずら卵を1個、オリーブオイル大さじ1をそれぞれ入れます。

さらにアンチョビペースト小さじ1/4、マヨネーズ小さじ1/2をのせ、

グリルで7、8分こんがり焼いて出来上がりです。

パンも添えていただきます。

 

トウモロコシの皮でつくる、シャキシャキコーンと鶏肉のちまき

f:id:ta_x_kimi:20170625080857j:image

トウモロコシの季節ですね。

蒸したてのトウモロコシはとっても美味しい!

朝もぎのは生でも甘くて、みずみずしいです。

フレッシュさが大事なので購入したら、ウチではすぐ食べが基本。

今回、まとめて安くなっていたので、

ちょっと多めですが購入してきました。

さて、何を作ろう??

コーンの炊き込みご飯はふつう、でも美味しそう。

トウモロコシを眺めて・・・皮を使って「ちまき」はアリ!

鶏肉と一緒にシンプルなちまきを作ってみました。

コーンのやさしい甘さを生かしたいので、

あえて鶏もも肉をちょっぴりだけ入れて。

コーンの香り甘く、シャキシャキとした食感が心地よく・・・。

蒸し上げているので、ご飯ももちもちながらふんわり。

ピュアな感じのやさしい味のちまきです。

 

♪作り方♪ 4、5人分

あらかじめ、もち米1合は洗って一晩水に浸しておきます。

お米1合は洗って水を切り、もち米と合わせ、

塩小さじ1を加えた鶏がらスープ200ccに20分浸し、時々混ぜておきます。

トウモロコシの皮はきれいに1枚づつはがします。

(1個につき2枚使うので12〜16枚は必要、あらかじめ用意します)

トウモロコシ1本は半分に切ってから、縦に立たせて粒を切り離していきます。

もも肉150gは細かめに切ります。

ボウルにお米、トウモロコシ、鶏肉を入れてよく混ぜます。

トウモロコシの葉を1個につき2枚用意し、ご飯を詰めていきます。

手をソフトクリームを持つような形にしてトウモロコシの葉を丸めて

手で握り、下をすぼめご飯を詰めていきます。

口のところを葉の根元の部分でフタをするように折り込み、

もう1枚で閉じて両はしを手前と後ろに折って、

タコ糸で縛ります。

全部で7、8個くらいつくれます。

全部つくったら 、蒸し器で20〜30分蒸して出来上がりです。

好みで塩をふってアツアツを。

 

 

 

 

 

 

 

たらのフムス入りパテ

f:id:ta_x_kimi:20170623064548j:image

皮なしのタラを買ってきました。

手頃価格!!何か使えるかなぁ、

なんて思って買ってきますが・・・。

もう鍋の季節でもないですしね、どうしようかな・・・。

干し鱈をイメージしてパテにでも?

ちょうど頂き物のひよこ豆のペースト、フムスがあったので、

これも使って。 

タラとひよこ豆の味はよく合って、

クリーミーな感じに!

クロワッサンに添えて食べましたが、

バターの香りのクロワッサンにちょうどよく合います。

かなり気に入りました。

また作ろう♪

●フムスがなければひよこ豆を潰しておろしにんにく、オリーブオイル、

レモン汁、塩を混ぜて味を整えて作ります。

 

♪作り方♪  直径10cmのココット型1個

タラ120gはレンジで2分加熱し、フォークよくつぶして冷ましておきます。

ボウルにつぶしたタラを入れ、ウイスキー大さじ1をふりかけて臭みを消します。

さらに、オリーブオイル大さじ1、レモン汁小さじ2を入れて混ぜてから、

フムス大さじ3を混ぜ、塩で味を整えて出来上がりです。

レモンの皮の黄色い部分をピール用のピーラーでピールをつくる、

または皮の部分を薄く切ってから細長く切ってのせ、

クロワッサンに添えていただきます。

バゲットなどのフランスパンに添える場合は、レモンの皮でなく、

パプリカパウダーを振りかけて。

 

 

 

 

【PR】