読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K&M WineLife Consulting

ソムリエ Kimiが、お手軽なワインにあわせるレシピを紹介するブログです。


ミント入り爽やかサラダ

f:id:ta_x_kimi:20170414073201j:image

爽やかな清涼感のするスペアミントを買ってきました。

何が良いかな、やっぱりサラダ、何か爽やかな感じに・・・。

というわけで、冷蔵庫にある野菜を集めて爽やかなサラダを作ってみました。

常備野菜、キュウリやトマト、パプリカなどを使い、ペンネも少々入れて。

彩りきれいなミントの香る爽やかなサラダになりました。

ちょっとしたプラス一品のサラダに良いです。

 

♪作り方♪ 3人分

早茹でのパスタのペンネ50gはたっぷりのお湯で袋に記載の時間分茹でて冷水で冷まし、

水を切って置きます。

キュウリ1本は細かく切ります。

プチトマト6個もキュウリの大きさに合わせて細かく切ります。

新玉ねぎ1/2個もみじん切りに近いくらい細かく切ります。

黄色のパプリカ1/2個もキュウリと同じくらいの大きさに切ります。

黒オリーブ6個は輪切りにします。

ボウルに野菜、ペンネを入れ、オリーブオイル大さじ1と1/2、

お酢大さじ1と1/2、塩ひとつまみ、ミントの葉5枝ぶんくらいをちぎって入れ、

よく和えて出来上がりです。

 

タケノコとえんどう豆入り、とろろ巾着

f:id:ta_x_kimi:20170411073223j:image

いろいろ使える油揚げ、おいなりさんにもなるし、

なんとなく煮込んだりして常備します。

味噌汁に入れても良いですし、地味にひじきなどと煮込んでも。

もっともっといろいろ使えるのでは?と常々思っています。

今回も、その油揚げを使った一品。

長芋をすりおろして水煮のタケノコ、塩えんどう豆と一緒に巾着にして煮込んでみました。

とろろでふんわり、タケノコシャキシャキ、食感良く、

ちょっとしたおつまみにぴったりです。

 

♪作り方♪ 3人分

油揚げ5枚は半分に切ってお湯をたっぷりかけて油抜きをします。

水煮のタケノコ100gは小さめに切ります。

えんどう豆50gくらい用意します。

油揚げを小鍋に移し、醤油大さじ2、みりん大さじ2、砂糖大さじ1、顆粒の鰹出汁小さじ1、

水カップ1と1/2を入れて弱火で10分ほど煮込みます。

長芋10cmくらいを皮をむいてすりおろします。

1度油揚げを取り出し、ひとつひとつ切り口を開いてとろろ大さじ1から2、

タケノコ、えんどう豆を入れて、楊枝で口を閉じ、

再び煮込んでいた鍋に戻して10分間煮込んで出来上がりです。

煮汁が足りなければ、同じ割合の調味料半量を入れて煮込んでください。

 

 

 

ベビーホタテとアスパラの ピーナツ和え

f:id:ta_x_kimi:20170410065141j:image

八百屋さんの一番手前に並べられたアスパラの鮮やかグリーンが新緑を思わせる感じ、

おいしそう!と惹かれて買ってきました。

これでサラダか和え物を・・・・。

今回はちょうど買ってきたベビーホタテと合わせることに。

普通のホタテより小さいので大きさのバランスがちょうど良いですし。

アスパラの青い感じに合わせて何かいいものはないかな?

と、思いついたのはピーナツ、アスパラの青い香りに合うし、コクもでていいかも!

と言うわけでピーナツクリームを使って和え物にしてみました。

ほんのり甘いながらコクのあるピーナツの香りはアスパラとよく合います。

色鮮やかでちょっとしたおつまみ良いです。

 

♪作り方♪ 2人分

アスパラ1束は、中央から根元の皮をピーラーでむき、根元1cmを切り落として

沸騰したお湯で2分くらい茹で、適当な長さに切っておきます。

そのまま食べられるベビーホタテ120gくらいを用意します。

ボウルにアスパラ、ベビーホタテを入れます。

別の小さなボウルにピーナツクリーム大さじ1とオリーブオイル大さじ1を混ぜ合わせ、

さらにお酢小さじ2、塩ひとつまみを入れて混ぜ合わせ、

アスパラとベビーホタテのボウルに入れてさっと和えて出来上がりです。

シンプル!ラム肉の唐揚げとポテト

f:id:ta_x_kimi:20170408071235j:image

ラム肉と言うと、なんだかごちそうな感じがします。

煮込みだったり、ステーキだったり。

かしこまって食べる感じですよね。

今回は、いつもご飯のように、気軽に食べてみよう!

そんな気分で作ったのがこれ!ラムの唐揚げです!聞いたことないですよね。

カジュアルにポテトも添えて。

食べてみると・・・あらおいしいじゃない!ポテトも合う!

集まった席で気軽にワイワイ食べるのにもぴったり!

ぜひ、お試しあれのお気軽にレシピです。

 

♪作り方♪ 3人分

ラム肉、肩カレー用(カットしてあって扱いが楽ですし安いのでこれで十分)350〜400gは、

ポリ袋に入れ、塩麹を大さじ3を入れて揉み込み、空気が入らないよう密封して

冷蔵庫で一晩寝かせて置きます。(塩麹酵素で柔らかくなります)

ラム肉を取り出し、片栗粉をまぶして、オイルを入れたフライパンで

焼くように揚げ、キッチンペーパーに並べて油を切ります。

冷凍のポテトフライ用のポテトを好みの量を同様に揚げます。

お皿に揚げたラム肉、ポテトを盛り付け、

ラムにはドライハーブのローズマリーを3、4回ふりかけ、

ポテトには軽く塩をふりかけていただきます。

 

豆腐 のベーコン、チーズ入りピカタ

f:id:ta_x_kimi:20170407064718j:image

島豆腐を買ってきました。

普通の木綿豆腐がもっと硬くなった感じのお豆腐。

ずっしり、肉とは言わないまでも食べ応えのある感じ。

こんなにどっしりした島豆腐は冷奴って感じじゃないかな、

いわゆるチャンプルーを作るのにはちょうどいい硬さ、食べ応えあり。

今回、このお豆腐をお肉っぽく見立ててピカタにしてみました。

実際そのままピカタにしてみたら物足りない感じ、ピカタだと思うとなんか違う?

なのでベーコンとチーズを挟んでピカタにしてみました。

これは行けます!おいしいです。満足度高いかも!

島豆腐でなくてもできるのかなぁ?

と、普通の木綿豆腐を2倍くらい水切りをしてみると・・・。

これなら、島豆腐として、使えるほど締まって硬くなりました。

島豆腐が手に入らないなら、2倍の水切りをした木綿豆腐で!

 

♪作り方♪ 2人分

豆腐300gはキッチンペーパーに包んで電子レンジで2分加熱後、

豆腐より大きめのタッパーに何かを入れて重石とし、30分置いて置き、水切りをします。

これをもう1度繰り返して十分水を切ります。

水を切った豆腐を6枚にスライスし、さらに横に切り、2枚で1組、6個できるようにします。

豆腐に合わせた大きさのスライスチーズ、ベーコンをそれぞれ6枚用意します。

2枚1組の豆腐にチーズとベーコンを挟み、小麦粉をはたきます。

卵1個に、牛乳大さじ1、小麦粉を大さじ1をよく混ぜて卵液を作ります。

チーズとベーコンを挟んだ豆腐を卵液にくぐらせ、

オイルをしいて熱したフライパンで両面こんがり焼いて出来上がり。

弱めの火でじっくり焼いて中までじっくり熱くなるように焼くのがポイントです。

アツアツでいただきます。お好みで醤油などつけても!

 

 

 

【PR】